2014年4月25日金曜日

カンボジアDACCより~100ℓ二次培養とぼかしのその後

ウィンさんが二次培養をまで仕込んでくださったマイエンザ。1週間が経過し、PH試験紙で測定するとちょうどよい数値になっており、無事に完成しました。

今回は、日本の白砂糖とカンボジアのザラメを使用のため、培養中にエステル臭がしていましたが、完成したマイエンザを実際に使用するとそれほど気になるほどの臭いではありませんでした。
完成後は、早速20Lの水タンクと1.5Lのペットボトルに小分けして、DACCで活用させて頂いてます。

それから、オラさんも書き込みをしてカンボジアまで情報を届けてくださっていた松永さん製作のぼかしのその後の近況レポートです。一時、温度が上がらないとおっしゃっていましたが、その後日中は45度、朝晩も35度前後の温度を保ち、無事に完成されたもようです。
半年間カンボジアDACCに滞在中の松永さんも、帰国まであと1週間ほどとなり、早速A館のバナナの木の下に完成したぼかしの混ぜ込みを行われました。
土を堀りおこし、生ごみを敷いた上にマイエンザで作ったぼかしと土を混ぜ込み、「来年にはフカフカの土になってるはず?」と意気揚々の松永さん。
現在のカンボジアは、日中はクラクラするほどに暑い中、上着を脱いで全身汗まみれ、マイエンザの今年のカンボジアでの農業実験も最終段階です。


特に台所油汚れに大活躍
そして、私たちも、細々とですが、セダナJAPANのお店の中と近隣で継続的にマイエンザを使用させて頂いております。

先日、セダナに出勤すると、鼻がまがりそうなほどの腐敗臭が辺り一面に広がっていました。


店のそばのゴミ箱
てっきりいつものゴミ箱かと思い、いつものようにマイエンザをスプレー。いつもだったら少しおさまるのですが、いっこうにおさまる気配なし。開店後も風に乗って腐敗臭がお店の中まで入ってきます。

店の前の道には、のら犬が運んできたのか、夜中に外でお酒を飲んだ後か?ゴミが散乱。そこから漂ってきているのかと思い、ゴミ拾いをすることに。

ちょうどその時、セダナの大家さんが「Bad Smell!!」と言ってお店に来られました。
「何の臭いですか?」と聞くと、夜中に動物の内臓らしきものが、道の先に不法投棄された臭いだそうです。

「KABA子行かないほうがいいよ。本当に臭いから」と大家さん。「いやいやいや。行って取らないとダメでしょ~~」

悪臭が漂っているのにそのまま放置している感覚のほうが、日本人からしたら信じられません。ゴミ山もそうですが・・・マイエンザを持って、その物体を見に行くと。。。

半日が経過してうじとハエがたかる
おぉ~この臭いだったのかーー!!と原因がわかったほうがこっちは安心です。(また店のどこかでネズミが死んでるよりましです)

マイエンザを大量にふりかけ、しばし待ってゴミ袋に回収をしていると、見かねた大家さんも近寄って手伝いに来られました。

悪臭がさらに強くなり、大家さんもたまりかねて、スコップで炭と砂をかぶせながらの除去作業になりました。

それにしても、こんなものを夜遅くにしかもバイクから投げ捨てる感覚が。。。他の人の迷惑を考えない行為。。。

一人ぶつぶつ言っていると、大家さんから「日本にはこんなことないのか?」と聞かれました。
「日本にも不法投棄とか悪いことする人は確かにいますけど。。。間違いなく、家の前にこんなもの捨てられたら、すぐに片づけます。そのまま放置してもっと臭くなる方が嫌だから。。。」

「そっかー。カンボジア人は悪い」と大家さん。

いつも、交替で登美子さんとゴミ拾いをしていると、「ありがとう」と言って拾っている様子を気にしている大家さん。ゴム手袋やトングを使ってと申し訳なさそうに差し入れをされたこともありました。でも、これまで一緒にゴミ拾いをされたことはありません。

「今日は、ゴミ拾いは自分がやる」とおっしゃり、家から米袋を持ってきて、周辺のゴミ拾いを一緒に行いました。

終わってから大家さんから笑顔で一言。。。
「KABA子、そのスペシャルな水(マイエンザのことです)のレシピを教えて!」

以前もトイレの配管工事で、マイエンザで臭いが消えて、ミラクルとおっしゃていた大家さんは、マイエンザの威力をご存じのカンボジア人のお一人です。

5月でセダナJAPANも1周年を迎えます。これまでご縁を頂いた近隣の方々に、マイエンザの使用方法や簡単なレシピをお伝えできるような講習会が出来たらと思っています。

近所の市場内のゴミ山
もうすぐ雨季に突入するカンボジア。この時期は、悪臭のする場所が格段に増えます。
自分たちのできること・・・ほんのちょっと本当にほんの少しの目の前のことだけですが、少しずつでも自分たちがDACCやセダナでマイエンザを使わせて頂くことで、近隣の方たちの意識や生活環境の向上につながることを願いつつ、継続して使わせて頂きたいと思います。

(reported byKABAKO)




0 件のコメント:

コメントを投稿