2014年4月13日日曜日

カンボジアレポート(3)…100Lに二次培養します!

10Lを培養して1週間。温度は35度にずっと保てていたようですが、7日目の今日、昨日まではいい匂いのしていたマイエンザに、エステル臭が発生してしまいました。。。
どうも、この東南アジアでの作成のこれまでの経験では、ずーっと見張るようにマイエンザだけに意識を集中し、他の事をやらずにした際には上手くできており、ただ、寝かせるだけで時間はたっぷり余ってしまう為、効率を上げるためにも、他の事を並行してやりながらすると、その時は集中し、丁寧に慎重にやるのですが、あとちょっとのところで上手くいかない、という感じです。

特に今は気温の上昇が激しく、日中は外は体温を超えます。マイエンザの仕込みはみんなが目につくところで、家の中で一番涼しく、気温も上がらないところに置いています。手も毎回消毒し、フタの周りなども消毒をしていますが、それがいけないのか。。。?

今回も、曽我部先生お勧めの、サトウキビのしぼり汁は手に入らなかったため、白砂糖を使い、半分は、こちらで唯一手に入るザラメの白砂糖です。白砂糖を使うとエステル臭が発生しやすい、と聞いたことがあるような、ないような、記憶は定かではないですが、とにかく、100Lの二次培養は行うことに。今日からさらに1週間、温度管理を行って培養成功させたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿